MENU

シミができるメカニズムと美白美容液

透明感のある美肌を保つのにために最も邪魔な素であるシミ。 シミができるメカニズムを把握しておけば、シミができるのを防ぐのにも効果的です。 シミはどのようなメカニズムで出来るのでしょうか。 また、美白化粧品はシミ予防に効果的なのでしょうか。 調べてみました。

シミは肌にメラニンができ過ぎる事でできると言われています。 メラニンは肌を紫外線から守るために作られる成分なのですが、紫外線を受けることで生成される機能が暴走してしまい、メラニンを大量に創りだしてしいます。 こうなるってしまうと、肌のターンオーバーとともにメラニンが排出しきれずに肌に残ってしまいます。 これがシミになるのです。 シミ消し化粧品

シミを消すためには、肌のターンオーバーで全てのメラニンが排出されるようにするために化粧品を使ったり、生活習慣を見なおしたりすることが有効です。 シミ対策としては、美白美容液なども人気があります。 美白化粧品はこのターンオーバーを促進する成分だったり、紫外線があたった時にメラニンが過剰に出来るのを防ぐ成分を含んでいるために、肌に既にできてしまっているシミを薄くしたり、これ以上シミができないようにするような硬化が期待できます。

まずはシミの予防から

シミは出来る前に予防することが大切です。一度出来てしまってからシミを解消するのは大変だからです。それに比べるとシミを予防する方が楽です。ですが、自分では予防しているつもりだけど全然できていないということもあります。

予防できずにシミが出来てしまったら、それ用の美白コスメでスキンケアするのが良いです。当たり前のことですが、美白コスメの正しい使い方をすることが大切です。例えば、シミ予防用の美白コスメを使って、出来てしまったシミを消そうとしても十分に効果を発揮できません。使い方を間違えると、美白効果は実感できないということです。

美白化粧品を使ったのに効果を実感できなかったという声が多いのは、このように使用方法や使用目的を間違えていることが多いです。それから自分に合ったものを使っていないこともあります。敏感肌や乾燥肌の方は、それに合った美白コスメを使うことが重要です。

更新履歴